• カートの中身をみる
  • ショッピングガイド
  • グリーンパークのこだわり
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • よくある質問
  • faecbook
  • 4,000円(税別)以上で送料無料!

会員登録

 

マテ茶について

Home > マテ茶について

マテ茶とはどのようなお茶なのか、ご存知ですか?
こちらでは、そんなマテ茶についてご紹介いたします。

マテ茶って?

マテ茶は、アルゼンチンやパラグアイなどの南米の国々で生産され、親しまれているお茶です。私たちが普段飲んでいる日本茶や紅茶などのお茶は、ツバキ科のチャノキ(茶の木、茶樹)から作られていますが、マテ茶はモチノキ科のイェルバ・マテという木の葉や小枝から作られています。 日本では、マイナーなお茶として長く扱われていましたが、実は「飲むサラダ」と呼ばれるほど栄養価の高いお茶です。現代人に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいるため、働き盛りな方の栄養補給としての効能が期待されています。

マテ茶の種類について

お茶に緑茶や紅茶などの種類があるように、マテ茶にも種類があります。

  • グリーン・マテ茶(緑マテ茶)

    日本茶でいう「緑茶」と同じように、焙煎していない状態のマテ茶です。緑茶と似た風味のため、飲みやすいといわれています。アルゼンチンやパラグアイなどでは、ポピュラーとされています。

  • ロースト・マテ茶(黒マテ茶)

    日本茶でいう「ほうじ茶」のように、焙煎された状態のマテ茶です。焙煎されたことで、成分の含有量は減ってしまいますが、香ばしい風味が癖になります。ブラジルでは、こちらが好まれているようです。

マテ茶の飲み方

マテ茶は、ホットでもアイスでも飲みやすいお茶ですが、もっとおいしく飲める「飲み方のコツ」を押さえておきませんか?

  • ホットマテ茶

    ホットマテ茶は、約80度のお湯で入れるのがコツです。入れる量に合わせて、1〜3分蒸らすと良いでしょう。ホットマテ茶には、レモンやミントティー、ミルクなどのアレンジを加えるのもおすすめです。

  • アイスマテ茶

    ホットマテ茶を作るのと同じように、約80度のお湯で煮出します。ただし、ホットマテ茶よりも濃い目に入れるのがアイスマテ茶のコツです。アイスマテ茶には、レモンやはちみつ、フルーツなどの甘めなアレンジがおすすめになります。 アルゼンチンには、マテ茶を飲むときに何のアレンジを加えるかで気持ちを表す「マテ茶言葉」があります。シナモンなら「あなたを想っています」、はちみつで「結婚してほしい」、コーヒーなら「仲直りしたい」・・・。好きな人や恋人、家族とマテ茶を飲むときに、こっそり想いを伝えてみてはいかがでしょうか?

通販サイトGREEN PARK Ave.では、様々なブレンドティーを販売しております。ハーブやマテ茶などの健康茶や美容茶をお求めでしたら、ぜひGREEN PARK Ave.をご利用ください。また、実際に見て選びたいという方は、お気軽に東京の本店へお越しください。