• カートの中身をみる
  • ショッピングガイド
  • グリーンパークのこだわり
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • よくある質問
  • faecbook
  • 4,000円(税別)以上で送料無料!

会員登録

 

カモミールについて

Home > カモミールについて

皆さんは、カモミールをご存知でしょうか。カモミールは、テレビや雑誌とメディアで取り上げられたり、口コミでも大人気のハーブの一つとして知られています。ハーブティーはもちろん、精油や芳香剤の香料としても利用されています。こちらでは、そんなカモミールの特徴をご紹介させていただきます。

基本情報

カモミールは、ヨーロッパ原産のキク科植物です。日本名は「カミツレ」といいます。ジャーマン・カモミールとローマンカモミールの2種類があり、姿かたちも似ていますが、それぞれマトリカリア属、アナテミス属と属が異なります。見分ける方法として、花を縦半分に切る方法があります。空洞があるほうがジャーマン種で、ない方がローマン種となります。一般にカモミールとはジャーマン種を指し、ハーブティーとして親しまれているのもこちらです。草丈は60〜90cmほどで、春には綺麗な菊のような花を咲かせます。

語源と歴史

カモミールの名前は、古代ギリシャ語の「大地の(khamai)」「りんご(melon)」に由来しています。その名にふさわしく、りんごに似た甘い香りがします。歴史はとても古く、4000年以上前のバビロニアではすでに薬草として用いられていたようです。日本へは、江戸時代にポルトガルやオランダから入ってきました。その後鳥取や岡山などで栽培が始められました。他にも、イギリスでは童話「ピーターラビット」でカモミールティーが登場し、クレオパトラが安眠のために利用していたなどの歴史があります。

栽培や育て方

種まきは春や秋に出来ますが、秋にまいたほうが開花までに株の育ちがよく、花数が多くなります。水やりは、土の表面が乾いたら行います。鉢底から流れ出るくらいまでたっぷりあげましょう。花が咲いて中心の花の部分が盛り上がってきたら収穫します。育てる環境としては、日当たりや風通しの良い場所を選びましょう。

GREEN PARK Aveでは通販にてカモミールのハーブティーを購入いただけます。豊富に取り揃えておりますので、自分のライフスタイルにあったハーブティーをお選びください。また、妊婦の方も安心して飲んでいただけるハーブティもございます。どうぞお買い求めください。