ハーブティー レシピ

Home > Tea Recipe > Vol.28:苺のリゾット

ハーブティーRECIPE

2013年3月
テーマ:美容、美食家

苺のリゾット

苺のリゾット

材料(3人分)

……………… 750cc
固形ブイヨン(市販) ……………… 水350ccに対する分量
いちごのマテ茶 ……………… 大さじ2
バター ……………… 25g
タマネギ ……………… 1/4個
……………… 210g
白ワイン ……………… 40cc
……………… 1/2パック
パルミジャーノチーズ ……………… 25g
塩、白胡椒 ……………… 適宜
苺(飾り用) ……………… 3個
イタリアンパセリ(飾り用) ……………… 少々

召し上がり方

  1. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらいちごのマテ茶を入れて火からおろし、10分ほど置いたら漉す。再び鍋に戻してブイヨンを加えて溶かす。(熱々のブイヨンスープを準備する。)タマネギは細かいみじん切りにする。パルミジャーノチーズはすりおろす。苺は縦に8等分切る。飾り用の苺は縦半分に切る。
  2. 鍋に半量のバターを溶かし、タマネギを炒める。米は洗わずに加えて透明になるまで炒め、白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。※炒めるときは色を付けないように火加減に注意する。
  3. (2)に熱々のブイヨンスープをひたひたになるくらいまで加え、あまりかき混ぜ過ぎないように時々混ぜ、水分がなくなったらブイヨンスープを足しながら中火で火を通していく。
  4. アルデンテの目安は約20分。塩と白胡椒で味を調え、残りのバターとパルミジャーノチーズ、苺を加えたら手早く混ぜる。お皿に盛りつけて、飾り用の苺とイタリアンパセリを添える。
いちごのマテ茶
Tea Column

いちごのマテ茶

甘いビューティーダイエット

いちごのマテ茶は、ビタミンCを豊富に含むストロベリー、唐辛子のカプサイシンの3倍の脂肪分解力を持ち蓄積された脂肪を燃焼する効果の期待できるラズベリーケトンを含むラズベリー、肉食を中心とした食事で不足しがちなビタミン、カルシウム、食物繊維、葉緑素の補給源としてバランスに優れており、飲むサラダと言われているグリーンマテの他、パイナップル、パパイヤ、ハイビスカス、アップル、グレープ、ジャーマンカモミール、パッションフルーツ、スティンキングネトル、ローズペタル、カラント、エルダーベリー、ブルーベリーのブレンド。ダイエットに有効なフルーツと話題のマテをブレンド。美しさを保ち続けるきれいティーです。

春を楽しむ“苺のリゾット”はいかがでしょうか。

いちごのマテ茶を使ってリゾットを作ってみましょう。苺とリゾット!?結びつかないかもしれませんが、イタリアでは、苺の季節に食べることができます。日本ではレストランでもまだ珍しいかもしれませんが、苺とチーズの相性も良いので、その美味しさには驚くかもしれません。そこで、さらに美味しさをプラスするためにフルーツたっぷりのハーブティーを活用してみましょう。リゾットを作るには、熱々の美味しいブイヨンスープが欠かせないので、美味しいハーブティーが活躍します!ハーブティーの効能もたっぷりとお料理に取り入れた、春を楽しむひと皿“苺のリゾット”はいかがでしょうか。

※今月のレシピは料理研究家 紺野優子監修の元、旬の食材とハーブの含有成分から考えられたレシピです。